スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

32レッドカジノは、2002年にオンラインカジノゲームサイトとして創業を開始いたしました。2005年には、あのお堅いイギリスのロンドン証券取引所に上場されています。
2003年から2012年に至るまで、オンラインカジノゲームの名だたる賞を独占状態なのです。まさにオンラインカジノゲーム界のサラブレッドと呼ばれるにふさわしい、サイト運営内容です。ペイアウトが高いのはもちろんですが、その運営は専門機関から厳しく管理されており、フェアなビジネスで、世界中のオンラインカジノファンを魅了いたしております。

今回、日本のアフィリエイト仲介業者を介さず、英語で交渉して、直接、32レッドカジノとのアフィリエイト契約にこぎ着けました。日本語化が随分と進んでいます。

ホームページでサイトの研究をされたら、練習プレー(プラクティス)で遊んでみるのが早道です。慣れてきたら、30ドル程度送金して、即、実戦が楽しめます。

パチンコ屋で使うお金の十分の一の金額で、10倍遊べます。
但し、ルーレットとブラックジャックに限ります。
小額をベットして、出来るだけ長い間遊ぶ。これがコツです^^。


32レッドカジノホームページ
32レッドカジノ練習プレー(プラクティス)

2013/05/11(土) 18:38 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

今日は、悪質カジノ について、自分の体験を掲載いたします。実話です。

今から20年前、私はスリランカで当時スリランカ政府肝いりの大規模なプロジェクトの施工を担当しました。大きなプロジェクトで完成するまで6年間を要し、建設費用も160億円を突破していました。私は3年間ほどスリランカに滞在しましたが、工事が完成するまでそこにいることができました。工事の竣工式典には当時のJ.R.ジャヤワルデナ大統領と、後に暗殺されてしまったガミニ大臣が出席されました。

週末のストレス解消、お楽しみはコロンボ市内でのカジノ遊びだけではありました。
当時、いちばん有名なカジノはファイブスターホテルであるインターコンチネンタルの中にありました。コロンボ市内にはインターコンチ以外にも小さな場末の怪しげなカジノが点在しておりました。あるときルーレットだけしか営業していない小さなカジノに出かけてディーラーとさし(一対一)で勝負しました。私は、そこでは、まるで赤子のようにぼろ負けしました。

私は悔しくてしかたがなくて、帰り際にスリランカ人ディーラーにこう問いました。
「あなたは、ルーレットの特定の番号に放り込むことができますか?」
さらに、私はこうたたみかけました。(会話はすべて英語です^^)
「これは一回勝負ですが、もしも、あなたの言う数字を一発で出せたのなら1000ルピー差し上げる」
1000ルピーは当時10000円くらいの価値があったのですが^^。
このディーラー、一発で自分の言った数字にルーレットのボールを放り込んでしまいました。この店では絶対勝てないことを確信した後に、約束通り1000ルピーを渡し、それ以降この店には二度と行きませんでした。

つまり、本物のルーレットに関しては客が儲けるのも損するのもディーラーの胸先三寸だということなのです。でも意図的にカジノ側がすべて連戦連勝したら、そのカジノの店はどうなるでしょうか。きっと、お客さんたちは、このカジノに悪質カジノ のレッテルを貼り、二度と行かなくなるでしょうね。パチンコ屋が玉を出すのは客寄せのためなのですが、カジノでも、適度にお客にも勝たせることはディーラーの大切なお仕事なのです。

悪質オンラインカジノ
 というものが存在するとすれば、それは、意図的な電子操作でカジノ側だけが勝つような仕組みを持ったオンラインカジノだと思います。オンラインでも全く同じことです。悪質な商法をするオンラインカジノは自分で自分の首をしめるのと全く同じことなのです。ですから、見極めが必要なのです。小額をある程度の期間試してみればすぐに分かると思いますよ^^。

2012/12/18(火) 16:50 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

昨年の12月25日、クリスマスプレゼントとしてスラチャイ編集の辞書をプレゼントしました。(タイ日辞書、ラオ日辞書)

http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/srachai/diary/d1564


今年は、無料で楽しめるオンラインカジノゲームをプレゼントいたします。
ルーレット、スロットマシン、ブラックジャックを用意しました。



● 完全無料のルーレットゲームはこちらです。

http://sdin.jp/browser/casino/europeanroulette/





● 完全無料のスロットマシンはこちらです。

http://sdin.jp/browser/casino/slotmachine/





● 完全無料のブラックジャックはこちらです。

http://sdin.jp/browser/casino/blackjack/

2012/12/18(火) 16:49 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

3.11の大震災、大津波、原発事故と散々な目にあった今年もあと数日で終わりですね。
米国ではオバマ大統領の努力が実り始めてきて、失業率も9%を切ったということですが、日本ではその兆しはありません。株価をみても一目瞭然ですね。アメリカは回復しているのに日本だけ低迷している。

こんなときには、じたばたしていても仕方がありません。
気分を変えて、このお正月休み、家族でオンラインカジノゲーム(ネットカジノ)はいかがでしょうか。といっても、実際にお金を掛けるオンラインカジノは敷居が高いでしょうから、ここは、まず無料で楽しめるオンラインカジノゲームから始めましょう。
家族でワイワイいいながら、ルーレットやブラックジャック、ポーカーなどやれば家族の絆だって深まりますよね。

家族の絆が深まって、ついでにオンラインカジノゲームのやり方を習熟したら、お父さんはこっそり本物のお金を掛けて遊ぶオンラインカジノに挑戦すればいいのです。自分のお小遣いの範囲で遊ぶのは、家族を守るお父さんとして当然の責務だと考えます。遊びはほどほどにやりましょう^^。

それでもオンラインカジノでお金を掛けて遊ぶってことは、ご自身の能を活性化することにもつながります。本物のオンラインカジノと無料で楽しめるオンラインカジノゲームとの差は、職場の賭け麻雀と家庭で遊ぶ家族麻雀との差くらいのもので、遊びそのものの楽しさについては全く同じなのです。

スラチャイが一押しのオンラインカジノ ゲームはルーレットです。楽しいですよ^^。



● 実戦カジノの経験が3年ほどのスラチャイの経験です。

http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201109050001/



● 完全無料のルーレットゲームはこちらです。

http://sdin.jp/browser/casino/europeanroulette/

2012/12/18(火) 16:48 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

タイのスラチャイです。海外カジノ歴3年の遊び人でした^^。

日本国内でオンラインカジノが出来るようになってから僅か10年ほどですが、なにしろオンラインカジノはアメリカ発ですから、英語もある程度理解できないと勝負になりません。オンラインカジノで遊びながら、疲れた脳を活性化させ、ついでに英語の読解力も高めるってのはどうでしょうか。英語もカジノと一緒、出たとこ勝負で結果がすべての世界なのです。どちらもおもしろいですよ^^。打ち込む価値はあると思います。

で、海外のオンラインカジノに挑戦する決心ができ、いざ出陣というときに障害となる最初のハードルがオンラインカジノを経営する会社への送金(オンラインカジノへの入金方法)なのです。スラチャイが海外カジノへの送金の手段を調べそのメリット、デメリットを検証してみました。(マジ)

以下、検証結果のご報告です。


オンラインカジノで入金する方法はいろいろあります。

1) クレジットカード
VISAカードとマスターカードは使えるらしいですが、カジノ送金は規制されているところが多いということです。カジノに依存するようなので、これは出たとこ勝負となります。少額を送金してみればすぐに結果は分かります。

2) 銀行振込 (TT電信送金)
一回の送金につき海外送金手数料五千円程度が必要なので少額送金は実用的ではないのです。電信で送金してから相手(カジノ)がそれを受け取り確認されるまで一週間もかかってします。気の短いスラチャイ向きではありませんね^^。

3) 郵便為替
アメリカへの送金はOKです^^。よかった。
送金手数料が銀行の五分の一ほどで、銀行より格段に安く送金出来るのが魅力的ですね。ですが、郵便為替ですから配達され、相手(カジノ)が入金処理を行い知らせてくるまで一週間以上かかるのが欠点です。これでは短期なスラチャイは気が狂ってしまいます^^。

4) ネッテラー (netteller)
ネッテラーでも送金を拒否される悪質なカジノもあるらしいですが、大半のカジノで送金を請け負ってくれます。オンラインカジノ決済専門の銀行です。
クレジットカードで送金拒否された場合でもネッテラーでは使えますので大変便利なのです。それから、見知らぬカジノにいきなりクレジットカード番号を提示するのは抵抗がありますが、ネッテラーならその点安心なのです。自分のメインバンクと直結しているクレジットカード番号をいきなり知らせるよりは安全でしょう。

5) ペイパル (paypal)
カジノで使えるかどうかわかりませんが、コンケン市在住の米国人から教えてもらいました。銀行を利用するよりも安く送金が出来ると聞いています。フォーラムの米国人の間で流行っています^^。

結論

オンラインカジノに限らず海外送金がからむ取引きにはリスクはつきものです。
出たとこ勝負的なので、最初は少額を送金して相手の出方をみるのが賢いやり方だと考えます。

以上、スラチャイがオンラインカジノ入金方法についてご報告申し上げます。

2012/12/18(火) 16:48 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

実戦カジノ歴3年のスラチャイがご案内いたします。

ネッテラーとは、net + teller = netteller で、ネットのオンラインカジノで使用できる銀行の出納窓口(=電子財布)なのです。以下、私がネッテラーの使用をお勧めする理由(わけ)をご説明いたします。

理由(わけ)1→ 勝っているのか負けているのかが一目瞭然
ネッテラー口座があれば複数のカジノへの入金と出金をまとめて管理することができます。複数のカジノでプレイしている場合でもリアルタイムで自分の資金の差し引き合計金額をつかめるのです。これなら、安心してオンラインカジノに没頭できますよね^^。

理由(わけ)2→ オンラインカジノへの送金(入金)が楽になる
ネッテラー口座からからオンラインカジノへの出入金はほぼリアルタイムで行われます。海外送金の場合1週間くらいは必要ですし、送金手数料もかかってしまいます。先日、日本の銀行よりタイの銀行へ送金しましたが、送金手数料が2500円かかってしまいました。それでも安い方だと言われました(汗)。

理由(わけ)3→ オンラインカジノからの出金が簡単になる
オンラインカジノゲームで勝った場合、収益の振込先にネッテラー口座を指定すると、これもほぼリアルタイムで実行されるということです。遅くとも翌日決済のカジノが多いそうです。海外送金は時間がかかりますのでお勧めできません。一週間くらいはかかります。営業日と土日祝日の位置関係で変わります。さらに、送金手数料まで負担させられるのですからね。

理由(わけ)4→ 極めつけはネッテラープラスカード
ネッテラー会員はネッテラープラスカードというものがつくれます。
このプラスカードはMasterCardと提携(連携)しているので、世界中のATMから現金を引き出すことができるのです。これで決まりですね。

ネッテラーの使い方や登録方法はサイトのマニュアルで確認することができます。



(参考、スラチャイの過去ログです)
http://srachai.blogspot.com/2011/08/blog-post_5170.html

2012/12/18(火) 16:47 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

今朝、といってもまだ夜が明けきらぬ深夜ですが、オンラインカジノ掲示板 というのを発見し、サイトに書き込みを行いました。オンラインカジノは外国(米国)のものが多いようですが、当然、ある程度英語が読めないと苦労が強いられる世界なのです。

心配いりませんよ。おまかせください。
ネットカジノ掲示板上の難しい英文はスラチャイが処理できます。(無料^^)
数年前に試験を受けて英日、日英の翻訳家としてデビューできましたので。
現役です^^。

掲示板はネッテラーの話題で盛り上がっておりました。
ネッテラーとは、オンラインカジノゲームでの決済を専門とする銀行みたいな組織(会社)なのです。米国では銀行支払窓口で支払い業務をする人、あるいは窓口そのもののことをテラー(teller)といいます。ネッテラーはnet とteller の合成語だったのです^^。

カジノ掲示板で立ち上げられているスレッドはネッテラーだけじゃないのです。
すでに多くのネットカジノ関連スレッドが立ち上げられています。
あなたが、ネットカジノの初心者なら、ここでしっかり無料で学習できます。
この、掲示板は本物です。節度を持った有意義な書き込みを期待します。

2012/12/18(火) 16:47 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

残念ながら日本国内ではなくって海外での経験なのですが、実戦カジノ歴3年を超すスラチャイがご案内致します。初心者用オンラインカジノ入門 です。

本日のテーマは、オンラインカジノの違法性と危険性についてです。

まずはじめに、オンラインカジノ初心者が肝に銘じておくべきことを、私の経験から述べさせていただきます。
一番大切なことは、カジノはアフィリエイトのような副業ではなくって、ギャンブルだという認識をしっかりと持つことです。オンラインカジノでも例外ではありません。これは、れっきとしたギャンブルなのです。
ギャンブルである以上、負けることも覚悟して、事に望む必要があるのです。もちろん大勝することもありますが。
特に、カジノが初めてのオンラインカジノ初心者は、負けることが当たり前だ、くらいの気持ちを持っていることが必要なのです。

オンラインカジノの違法性については外国だったら、まず安心です。
日本はオンラインカジノでも世界のガラパゴスだと思いますが、これは日本特有のもので、私の睨んだところでは、霞ヶ関の官僚たちの規制が災いしているのです。これは、なにもカジノだけに限ったことではありません。
海外に移住すれば、すぐにそのことが理解できるのですが、例えば、非居住者の日本国内における株式投資、FX投資などは厳しく制限されています。私は最近ネット銀行の口座開設に挑戦しましたが、リジェクトされました。日本に住民票がないからです。このように、規制だらけの日本ですから、いわんやカジノにおいてや、といった雰囲気なのです。

ですから、オンラインカジノでも多額の現金を動かすようになれば、銀行口座を厳しくチェックされるようなことは免れません。日本はシンガポールのようなタックスヘイブンの国ではありません。日本は明治以来、官僚たちが取り仕切っているのです。こういった特殊な事情から、オンラインカジノに手を染める場合には、日本国内居住者だったら、ある程度の覚悟が必要なのです。非居住者は問題ないと考えます。
間もなくTPPが締結され、その運用が軌道に乗れば、カジノだって日本国内で自由に出来るようになります。
あと数年の辛抱なのですが、その前に霞ヶ関の官僚組織を粉砕するか、改革する必要がございます。

願わくば、アメリカのように、ギャンブルだって自由にできる国になって欲しいものです。
もちろん、自己責任は、それで、さらに重くはなるのですが。
それで、良いと考えます。

オンラインカジノ入門 は、この記事のリンクをクリックしていただければ、たくさんの情報が入手できます。

今回はここまでです。
ここまで読んでくださったことを感謝いたします。

2012/12/18(火) 16:46 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

( ̄o ̄)え?
ナイチンゲールなら知っているって?
そういう人は、ただひたすらまじめな人生を歩んでください^^。

マーチンゲール法はギャンブルの手法なのです。
いわゆる倍賭け法(ばいかけほう)です。

スラチャイは海外ですが、カジノ経験が3年ほどあります。
ブラックジャックとルーレットしか知りません^^。

ブラックジャックでは麻雀と同じように一連のゲームが終わりカードを交換するまでは手札とさらし札を記憶しておく必要があるので疲れます。お酒を飲む人にはお勧めできません。いわゆる酒飲みにお勧めはルーレットです。

マーチンゲール法はルーレットにはきわめて有効なのです。
ルーレットでは1回ごとのベットで勝てる確率は同じですから、それがマーチンゲール法にうってつけだということです。

どれだけ稼ぐ(かせぐ)ことが出来るのか、下に試算してみました。
ルーレットで赤白、一点賭けを想定してください。
単位は賭けるチップの枚数ですが、一枚一万円として考えてください。

1回目のベットで勝った場合
掛金 1
収入 2
利益 1

2回目のベットで初めて勝った場合
掛金 1+2=3
収入 4
利益 1

3回目のベットで初めて勝った場合
掛金 1+2+4=7
収入 8
利益 1

4回目のベットで初めて勝った場合
掛金 1+2+4+8=15
収入 16
利益 1

5回目のベットで初めて勝った場合
掛金 1+2+4+8+16=31
収入 32
利益 1

つまり、どの時点でやめようが利益は1万円ということです。
必ず勝ちますが、条件があります。
賭け主に十分な資金があること。
一回のベットでの掛け金の制限がない(上限がない)こと。

これはあくまで経験上ですが、5回連続して黒が出ることはあまりありません。
勝った時点でカジノを立ち去る勇気がある人には、極めて有効な手段だということができます。

楽しいですよ^^。

あなたもマーチンゲール法を試してみませんか。

2012/12/18(火) 16:45 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

スラチャイは、数年前に英字新聞の社説学習研究という堅苦しいテーマのブログを開設しましたが、現在手持ちの毎日更新しているブログだけで30ドメインを超します。全部無料ブログサイトなので、どんなにサイトを充実させてもグーグルページランクは最高で4~5止まりだということです。ページランク5は個人のブログでは無理だと、つい先日SEO対策のプロからメールを頂きました。今月の下旬、グーグル検索ロボットによる巡回があり、スラチャイ運営のブログも10ブログほど昇格していました。はてなブログはページランクが3に昇格していましたが、一日あたりのページビューが通常のブログの10倍ほどで、正直驚いています。まさに継続は力なりを実感しています。

で、昇格記念に記事を掲載します。
それは、オンラインカジノ です。

オンラインカジノとはいっても、これは遊びではありません。実際にお金を賭けて稼ぐことの出来るサイトなのです。
もちろんリスクは大きいですが、これはついついゲームの面白さにのめり込み、思わず我を忘れて無理な賭けに走ることに起因することが大半なのです。

ゲームを楽しみ・息抜きととらえ、心からリラックスしながら遊ぶ。
そして、その結果として、たまたま小さく勝てた、あるいは日によっては大勝ちできた。
それで十分幸せですし、ギャンブルで普段使っていない脳の部分を駆使して、あるときは冷静に、またある時は本能の誘(いざな)うままに激しく行動する。まるで人が変わったように。多分目つきまで変わっているのでしょう。

これが本物のギャンブルです。

とはいうものの、スラチャイのようなしがないサラリーマンでは、所詮(しょせん)、その資金力は限られてます。
ギャンブルにのめり込むあまり、家庭を崩壊させる愚行は避けなければなりません。
実際に、カジノで同僚が多額の借金をこさえてしまって身動きが出来なくなっている状態になっているのを見かけたことがあります。カジノとはさほど人を魅了するものですが、これは競馬でもパチンコでも同じでしょう。

最後に、スラチャイの3年におよぶカジノの実戦体験により学んだエッセンスを書き記(しる)しておきます。

カジノ勝負は運命の女神が支配するという事実です。
人間の力でもある程度切り開けますが、最後に勝敗を決定するのは、この運命の女神なのです。
運命の女神はたいへんに気まぐれなのです。
昨日(きのう)勝たせてくれたかと思えば、今日(きょう)はどん底。
また運命の女神はやきもち焼き、たいへんにジェラシーが強いのです。
勝利に酔いしれて、気分を良くし、ちょっとでも気を抜いたとたんに手痛いしっぺ返しをくれるものです。

カジノは実際のカジノでもオンラインカジノでも、ゲームの流れというものがあります。
スロットマシン、ブラックジャック、ルーレットみな同じです。
勝利を手にするためには、まず流れをつかむことが大切です。
最初は、小さく、ちいさく小刻みに賭けて流れを読み取るのが先です。
しばらく経過して、流れを読み切ったときに一発勝負をかけますが、それをその日の最後の勝負とします。
勝っても負けても、ここは、自分の決めたルール通りに行動する強い意志が必要なのです。

運命の女神は賑(にぎ)やかで、笑いが溢(あふ)れるような楽しい雰囲気を好みます。
うまく、あなたのほうに引き寄せることができれば、それでその日の勝利は間違いありません。

ご健闘をお祈りいたします。

(以下参考です)

スラチャイ作成のオンラインカジノ 記事一覧:

http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201109030001/
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/35919433.html
http://blog.livedoor.jp/srachai/archives/1379663.html
http://ameblo.jp/srachai/entry-11015353654.html

2012/12/18(火) 16:45 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

アメーバピグ のブラックジャック(blackjack)にはベーシックストラテジー(basic strategy)基本戦術というものがあって、この基本戦術に従って勝負すればゲームで勝利するということですが、これは囲碁・将棋でいえば定石に従って打つ、麻雀でいえば対戦相手の捨て牌から相手の手の内を読んで振り込まないようにするということですね。

この理論は大筋で正しいのですが、一つだけ大切なことを見落としています。
それは、流れです。

どんなに定石、セオリー、ストラテジーに従って勝負していたとしても、流れに乗れなければ負けるのです。囲碁・将棋、はたまた麻雀でもまったく同じことです。
ですから、麻雀では、ずぶの素人がセミプロの打ち手を打ち負かすこともあるのです。
それがまたギャンブルの醍醐味なのです。

ピグカジノはオンラインのゲームですが、オンラインゲームといえどもこの流れにつきまとわれます。流れを無視した手法は、たとえストラテジーに従って勝負を進めていたとしても、負けることが多いですね。最初から大きく一発勝負をしないことです。

最初は、小さく、ちいさく小刻みに賭けて流れを読み取るのが先です。
数十分経過して流れが読み取れたときに一発勝負をかけ、それを最後の勝負とします。
勝っても負けても、ここは、自分の決めたルール通りに行動する強い意志が必要なのです。
オンラインのピグカジノ にも、多分この手法は使えると思います。

( ̄o ̄)え?
一体どこで、そんな手法を覚えたのかって?

スリランカのコロンボはインターコンチネンタルのカジノです。(カジノ歴3年)

(参考です^^)
http://ameblo.jp/srachai/entry-10931966576.html

2012/12/18(火) 16:38 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。